1日のうちに売買を完結させる投資スタイル

最近ではアベノミクスの効果もあって経済が上向きなので、様々な人たちが投資を始めていると聞きます。投資初心者の主婦や会社員の株式投資やFX投資などが増加しています。私の友人も株式の投資などは昔からやっていたので、投資に関しては一般の人たちよりも詳しく、トータルでも収支はプラスでいます。

その友人がこのタイミングで投資、デイトレードに専任するという事で仕事を辞めました。私はデイトレーダーという単語はよく聞くのですが、いったいどんな形で投資、取引をして毎日利益を上げているのか興味がわいたので色々調べました。

デイトレーダーとは、日々デイトレードを取引の基本スタイルとしている投資家の事を言います。デイトレードとは、1日のうちに同じ銘柄を買って売る事で売買を完結させる投資スタイルの事を言います。デイトレードでは、その株の会社の業績など一切関係なく、株価チャートと板と呼ばれる注文気配表だけを見て、とにかく一瞬でも値上がりしそうな気配が見られる株を狙って投資を行います。

デイトレードは、その日のうちに売買を完結させ、ポジションを翌日に持ち越さない点が最大の特徴だと言えます。かつての取引ではデイトレードみたいな取引は不可能でしたが、現在ではインターネットの普及でネット取引が可能になった事で生まれた21世紀の株式取引のスタイルだと思います。


twer24OptionではBOを専門に仲介し、初めてでも取引を行うのが不安なく行える環境を整えています。主要な持ち味は、取り扱っている銘柄がたくさんあることです。そのうえでそれを扱っていることがひきつけられるポイントです。銘柄があればある程、自分に合った好みのものを探し当てることができ、自分にとって価値があるアセットも簡単に見つける事ができます。

投資利益も納得以上のもので、24Optionは他の会社と比較しても1.85倍という高い配当率です。もし、1万円を投資したとすると、最大1.85倍が自分のもとに利益として戻ってくるので、18,500円が戻り、8,500円分稼いだことになります。これは他に類を見ない素晴らしい配当率であり、みなさん注目しています。

XgrwMを利用する最大のメリットは入金時のボーナスです。まず初回に入金した際に、入金額の30%のボーナスが与えられます。最高10,000USDまでもらうことができます。さらに2回目以降の入金時も同様に入金額の30%のボーナスを受け取ることができます。しかも、これらのボーナス受け取りには複雑な手続きなどは必要ありません。入金しただけで自動的にボーナスがもらえるので、面倒な手続きに煩わされることなく、トレードに集中することができます。

また、XMのボーナス加算の仕組みは他の業者とは違い、利用者にはメリットがあります。普通、ボーナスはもらっても残高に加算されるので、自分が引き出し条件を満たしているのかを判断しにくくなってしまうのですが、XMではそうではありません。ボーナスはクレジットとして加算され、有効証拠金として残高と合算される仕組みになっているのです。ですから、実際の引き出し可能な額をメタトレーダーで確認することができるので便利です。

twer海外FX業者・ThinkForexの最大の魅力は、圧倒的な約定力の 高さにあります。経済指標発表など値動きが激しい時間帯になると、リクオートやオフクオートなどの現象が発生して自分の注文が無効になってしまうことがあります。せっかく絶好のトレードチャンスが訪れても、自分の注文が約定されなければ何の意味もありません。

その点、ThinkForexのサーバーは安定性に定評があり、トレーダーが不利になるようなこれらの現象がほとんど発生しません。非常に使いやすいため、世界中のトレーダーから好評を得ています。また、ThinkForexでは複数のアカウントタイプが提供されています。どのアカウントタイプにも特徴があり、トレーダーは自分のトレードスタイルに合わせて任意の物を選択できます。日本円にも対応しているため、日本人トレーダーも安心して使えます。

ertFxNETは今後注目すべきFX業者の1つです!キプロス証券取引委員 会(CySEC)から認可を受けており、取り扱いも多彩です。

米ドル/円などの人気な通貨ペアからあまり広く知られていない通貨ペアまで25種類の取引が 可能ですし、レバレッジはなんと最大500倍まで設定することができます!提供するスプレッドはすべて固定スプレッドのため、市場の開閉時間を考慮する必要がありません。


ではなぜデイトレードがこんなに有名になるぐらい利益が出るのか魅力を言いたいと思います。デイトレードは上記でも言いましたが、その日のうち に売買を行い、取引を完結させる為に世界の突発的なニュースの影響をあまり受けないという事にあります。普通株価に影響のあるような悪いニュースはその日 の取引が終了した時間に発表される事が多いです。

その為に翌日の営業日には注文が殺到し、売買のタイミングを逃したりする事もデイトレードではありませ ん。また日々取引を完結させるので、利益も日々コツコツと稼ぐのが基本になるので着実に利益を確定して積み上げていく事が出来ます。その逆に損失も日々完 結するので小さくて済むのも魅力の一つだといえると思います。

しかしデイトレードは良い事ばかりではなくデメリットもやはりあります。一番は手数料がかかることです。今では定額制になっている証券会社もあ りますが、長い目で見るとやはり手数料はかかるのでそれに見合った利益を稼ぐのが大事になってきます。最後に私の友人も専業のデイトレーダーになりました が、デイトレードはメリットだけではなく大きなリスクも秘めています。常にそのリスクと向き合って取引をする覚悟も必要になってくると思います。

ヘッジファンドという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

投資をやっている人間ならば詳しく知っているという人もいるかもしれません。ヘッジファンドというのは、投資信託に似た形になります。

投資信託ならば理解できるという人も多いのではないでしょうか?投資信託というのは、特定の会社にお金を預けて、その会社が運用をして儲かった分を還元してくれる仕組みになっています。

リスクもありますが、投資に関して長けている人が運用をするため、投資に対して知識がない人や自信がない人にとってはメリットがあるわけです。ヘッジファンドにおいても他人にお金を預けて、そこで運用をして儲かった分を還元するという点は共通です。

しかし、違いがあるとすれば投資信託は基本的にほぼ誰でも利用できるケースが多いですが、ヘッジファンドは利用できる人が限られるという点です。一部の人間からのみお金を集めて運用していきます。ここはヘッジファンドのデメリットにもなると言えるでしょう。

しかし、ヘッジファンドにはメリットも多くあります。例えば、利用にあたっては手数料が必要ないという点です。投資信託と比較するとここは1つの違いになります。投資信託は手数料などがかかるケースが多く、還元分からそれを引かれます。

でも、ヘッジファンドはそういった手数料がかからない場合が多く、リターンが大きくなりやすいという特徴があるのです。リターンという話になると、利回りの問題もありますが、基本的にはヘッジファンドの方が利回りは大きくなることが多いです。

具体的な数字はそれぞれで違いますが、年利数十%ということも珍しくないのではないでしょうか?かなり期待が膨らむ数字と言えるでしょう。その分少額からの投資はできませんが、規模が大きいというのは非常に魅力的に思えるという人も多いはずです。

ヘッジファンドには投資ならではのメリットもデメリットも両方あります。しかし、投資の中でもヘッジファンドにしかないメリットもあるので、そういったところに魅力を感じて始めてみたいと考えている人は多くいるようです。

どうしてもヘッジファンドよりは投資信託の方が身近に感じられる人が多いと思いますが、より利益を多く得たいと思っている人にとってはヘッジファンドの方がおすすめと言える部分もあるので、そこは知っておくと良いでしょう。

ヘッジファンドの方がどうしてもわからない部分が多いとは思いますが、そういったところを少しでも理解していくと利用してみたくなる可能性が上がるのではないでしょうか?