FXに勝つには人の心を読め?! 本当にチャートを動かしている「モノ」とは

突然ですが、チャートは何に影響されて動いていると思いますか? ビギナーさんたちが読んでいらっしゃることを前提とすれば、この質問に対する答えでもっとも多いと予測されるのは「世界経済」。そしてもちろん、正解です。

けれども、経済状況が変わったからといって、誰かが外貨を売買しなければそれが外貨のチャートに現れることはありません。少々ずるい言い方にはなりますが、状況を読み、売買を行う人がいてこそのチャートの動き。ですから実は、人間の心理というものを知らずして、トレーダーとして1人前になることはできないともいえるんです。

ここではまず、チャートの動きから逆算して「トレーダーたちの心理」を読み取ってみましょう。これを行うことによって、次にあなたがチャートを見た時に、画面の向こう側にいるトレーダーたちが「今何を考え、何をしているのか」、ひいては「これから何をするつもりなのか」ということがわかるようになり、最終的には「チャート予測」が可能になっていくはずです。


1.チャートに動きがまだない状態

まだないとはいっても、トレーダー達の頭の中はすでに動いている状態です。もしかしたら読みとスタートダッシュの早いプロフェッショナルはすでに取引を始めているかもしれません。


2.チャートに動きが出てきた頃

プロトレーダーの大半が取引を開始していると考えられます。一般トレーダーのほとんどはこの段階で始めて「チャートに従って売買を考える」ということを始めます。


3.チャートにはっきりと動きが見える時期

一般トレーダーが取引を盛んに行っている状態です。チャートに動きが出れば出るほど、人というのはその流れにのりたくなります。そのためこの時期の活発さにのるどころかのみこまれてしまう人も多くなりますが、すでにプロのトレーダー達はこのタームの取引を終え、次の1を見据えている、ということがもっとも重要なポイントです。