過去の相場の動きやパターンを分析する

werweh テクニカル分析は、過去の相場の動きやパターンなどから分析して、将来の相場の動きを予測して売買するタイミングを計る方法です。テクニカル分析のときに使われる「テクニカル指標」は、大別してトレンド系とオシレーター系の2種類が存在します。トレンド系では相場の大まかな流れを知るのに適し、オシレーター系は短期間に相場で起こった変化を知るのに適した分析方法です。

この2種類の方法には、それぞれに長所、短所がありますので、使い分けておくことが重要です。ファンダメンタルズ分析では、その通貨の国の経済状態をいちいち調べなければならないのに対し、テクニカル分析では国の経済状態を深く調べなくても、分析ルールにのっとってさえいれば、どの通貨でも取引をすることが可能です。逆に国や世界の経済状態によって引き起こされる、突然の相場の動きを分析するのには不向きな方法ともいえます。

ここでは、テクニカル分析の基本的な用語のうち、ロウソク足(キャンドルスティック)とトレンドについて解説します。ロウソク足は、始値・高値・安値・終値の4つの値から組み立てられた分析方法です。4つの値からロウソク足を作ることにより、相場の流れを一目見るだけで読み取ることができるようになります。ロウソク足には様々な種類があり、その形から解釈することによって、上昇や下落を分析したり、相場が転換するタイミングを読み取ったりすることができるのです。

ロウソク足の種類は多種類あるため、頭に入れるのは苦労しますが、一度知っておくと分析するときに大変便利です。取引していく中でよく出る形から覚えておくといいでしょう。ロウソク足は日本でできた分析方法ですが、その使いやすさや見やすさから、海外業者の24オプションの中でもロウソク足は「キャンドルスティック」の名で多くつかわれています。

トレンドとは相場の動きのことで、相場の値動きが上がっている状態が「上昇トレンド」、値動きが下がっている状態が「下降トレンド」といいます。安値と高値が両方とも上がっている状態が上昇トレンド、逆に両方とも下がっている状態が下降トレンドと考えるのが、一番わかりやすい分析方法でしょう。また、移動平均線やチャートなどのテクニカル指標を使って分析する方法もあります。

テクニカルな分析にはFX以外にもバイナリーという選択肢もあります。こちらはビットオプション.netのでご覧下さい。為替市場などはトレンドの流れが作りやすいので、先ほど述べた方法などでトレンドの流れをキャッチすることによって、FXで有利に取引する手助けになると思います。